USO800鉄道BLOG 嘘製作方法

 BLOGのTOPページ 

プラレ-ル嘘SS製作工程

プラレ-ルSSの製作工程をザッとですが。

使用ソフト:Adobe Photoshop CS(以下、PS)

①レイアウトはこんな程度です。この図の右下あたりから地上カメラで狙いました。左の方とかは、結局無くても良かったんですけどね。
07.jpg


②プラレ-ルの元SSです。
01.jpg

※1,240px × 1,024px
※地形テクスチャーはオリジナル製作。
※立ち木(樹木)の台座は工場用タンクO(オー)を-120mm埋め
※編成はもちろんプラレールの基本の3両編成、または以下で。
※新幹線も在来線も同じ路線で走らせるのが子供心。

③橋脚の色付け(黄色へ)
02.jpg

※PSの「調整レイヤー」を使用して「トーンカーブ」で色づけしています。色替えしたい部分を範囲選択して、そこだけ色トーンを変更する方法です。その選択範囲を細かく選択する作業だけで全作業の7~8割を占めます。


以下、立ち木(樹木)の台座、架線柱、レールに同じ方法で着色。
■立ち木(樹木)の台座
03.jpg

■架線柱
04.jpg

■レール
05.jpg


⑤立ち木の台座の色がちょいパンチが薄かったので若干暗くレベル補正。
06.jpg


⑥WEB用に800px × 600px で切り抜きツールで切り抜き
08.jpg

※右下の架線柱が線路にめり込んでいたので、特にそこを切り外すように注意して切り抜きました。

ざっとこんな工程でございました。


※PSの調整レイヤーを一旦作ってしまえば、後からは簡単に塗り替えができます。
1分もかからずこんな感じにも。




裏を知ると、たいした加工技術ではございませんね(^_^;)
ただただ面倒くさい範囲選択作業を根気よくやるだけです。

| ホーム |


 BLOGのトップまで戻ってしまう 



2017年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter