USO800鉄道BLOG 銀河鉄道999 OPの発車台 をモデリングしてみる 11。

 BLOGのTOPページ 

銀河鉄道999 OPの発車台 をモデリングしてみる 11。

04_20120317172715.jpg

今回はこの青っぽい枕木とレールをモデモデ。

01_20120317172715.jpg


元もとのレールを「表示なし」にして、
今回のこのレール&枕木をその位置に配置すれば
いかにもレールの上を走ってるかのように。
06_20120317173101.jpg



しかし、コンテナモデルというのは、サイズが大き過ぎると、
積載車両(コンテナ載せたコキなど)からある程度離れて、
しかもカメラが180度逆を向くと、突如消えてしまうという事が発覚。

まぁ、これはこれで、
通常のVRMの遊びであればメモリの節約になっていいことではあるのだが。


とても説明しにくい状況なので詳しくは書きませんが、
発射台500メ-トル相当分を丸々モデリングしても、
表示されないので、分割しなければならない。

という事をを強いられました。


というワケで実験をおこなった結果、
コンテナ積載車輛の中心から半径約256mm以上の物体をモデリングすると表示されない危険がある。



という事で、
前後合わせて512mm分のレール&枕木でひとつのモデルとなっております。

絵にすると、こんだけ~↓
03_20120317173947.jpg




よーするに
500m相当(1/150では、3,333mm)の発射台を作るには、
7つのモデルが必要ということで。


やりづら~。



まぁ、基本の1つを作ってしまえば、あとはコピーで改造していけば早いかな。




あと余談。
VRMのレールって、昔から「デカ過ぎません?」って思ってました。
レールの高さが2mmになってるんで、換算すると、30cmの高さ。
実在のレール見ても、30cmもないと思います。

Nゲージのレ-ルならそれ相当の大きさなのかもしれませんけど。


この際なので、実在に近い数字にしてみました。
WEBで調べた結果、高さ15cmぐらいのが多く使われているみたいなので、
それぐらいの大きさになってます。

つなぎ目を見るとこれぐらい違います。
02_20120317172715.jpg




<< 新幹線に訴える看板です。 | ホーム | 銀河鉄道999 OPの発車台 をモデリングしてみる 10。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOGのトップまで戻ってしまう 



2017年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter