USO800鉄道BLOG 嘘八百町 蘇生中 25。

 BLOGのTOPページ 

嘘八百町 蘇生中 25。

え~、嘘八百町レ、

飽きたな、こりゃ。


ここ数年の私のV活動を振り返ると
だいたい1~2ヶ月ぐらいのサイクルで、
違う方向性のもった事をやってる感じなので、
たぶん嘘八百レに関しては「飽きた」サイクルがやってきてもいい頃。



まぁ、本業の仕事も含めて考えると、
どちらかというと私は「作り手・職人肌」に分類されると思いますが、
「私が作り出す世界観がこの世の1番。」
という気持ちがあります。

これは「=(イコール)自信」「=プロ魂」的なものなので
作り手さんはそういうのを持っていて当然だと思います。

特に、本業においては私が作る世界観を気に入っていただける方を中心に
商売をしております。


しかし、あくまでも「自分にとっての世の1番」であって、
「世の人すべての1番」と勘違いしたらダメだと戒めています。

なので、
嘘八百町レの街角ひとつひとつの世界観が私の1番でもあるのですが
私がイメージできる光景も、たかが知れており、
嘘レ制作を続けているとだんだん、
「独りよがりの世界観だよなぁ。」と、
自虐的に思えてくるワケでございます。

所詮、1/70億人の世界観。


まぁそれを防ぐべき、
先日からRYOMAさんの世界観の無理矢理マンション、農協を入れ込んで、
違う血統のものを注入しているワケですが、
その周辺部分までの作り込みが終わってしまうと
一気に独りよがりに世界観に引き戻されます。


DON'T THINK。 ENJOY!(考えるな、楽しんどけ)
とか言いつつ、
つい、いろいろと考えてしまいます。




<< 衣浦臨海鉄道。 | ホーム | 嘘八百町 蘇生中 24。 >>

コメント

こちらでははじめまして。yuyuと申します。

自分は地元の風景をできるだけ忠実に再現するレイアウトを作っていますが、
「作る」が終わって「眺める」になるとインパクトがないと感じることも。

やっぱりVRMは「作る」アプリケーションなんでしょうかね・・・。

yuyuさん

はじめまして。

1日考えてみましたが、個人的には「創る」アプリケーションです。
VRM始めた頃
自分が思い描くレイアウトを作って
車両が走るシーンを眺めたらさぞ楽しいだろうという思いでしたが、
レイアウトを地道に作ることができなくて、
自分のレイアウトで走る車輛を眺める行為というのは、
ほぼしたことがありません。

そのかわり
他の方のレイアウトで車輛を走らせて動画を作る
というような事もしてきましたが、
車輛が走るシーンを楽しみながらも、
ウエイトとしてはそれを動画として作る楽しみの方が
私のとっては大きかったかもしれません。

「作る」「創る」「生み出す」的な、
0から1を作り出す方が自分の性に合ってるアプリケーションかなぁと思います。

※あくまでも個人的な思いの話です。


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOGのトップまで戻ってしまう 



2017年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter