USO800鉄道BLOG 嘘八百町蘇生中32。

 BLOGのTOPページ 

嘘八百町蘇生中32。

新幹線のカーブを補正工事。

以前は、
15度のカーブを、フレキシブルレール384 × 2本。
自分の感覚だけでハンドルを調整していた為、

↓こんな感じ。
03_20120918063512.png

↓中央(黄緑&水色)が新幹線ライン。
04_20120918063512.png


パっと見は、
そこそこ綺麗なカーブに見えなくもないですが、
FOV20の望遠で見てると↓
05_20120918064310.png

「く」の字感、満載。
走行する車両も無理やりカーブしてる感じで
「300km/h」で走ったら遠心力ハンパないやん!
と、ちょっと気に入らなかった、この3年。




なので、RYOMAさんのBLOGの「大曲線の作り方~その1」を参考にして

15度のカーブ。
フレキシブルレール256 × 5本。

という訳で
3度角のフレキシブルレールを5本つなげて15度にする事に挑戦。

02_20120918063512.png

01_20120918063512.png

↓「く」の字感が軽減。
06_20120918065704.png


フレキシブルレールのハンドルは、
数値の調整ができず、工学的には不向きな仕様。
やりづらいなぁと思ってましたが
「なるほど、このやり方はかしこい!」と賞賛。

そしてフレキカーブの綺麗さにちょっと心が踊りました。

そのままフレキの高架プレートにも応用ができたので、
カーブ周辺がさらに綺麗な作りに。


たぶん、1度、2度、3度、と「緩和」的なのも取り入れつつさらに距離を長くとれば、
もっと綺麗なんでしょうが、
今の嘘八百町には充分な進化。


----------------------------


ちなみに本業ではイラストレータでパス(ペジエ)の操作をする身ですが、
「ハンドルは1/3が綺麗な曲線を描ける」という基本をVRMで習ったことになります。(^_^;)>


<< 今日の動画。嘘八百セメント線(引込線)直通の貨物列車 | ホーム | 今日の動画。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOGのトップまで戻ってしまう 



2017年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter