USO800鉄道BLOG MOLコンテナ2種を走らせてみるテスト。

 BLOGのTOPページ 

MOLコンテナ2種を走らせてみるテスト。



※一番後ろの「SUPER UR」は、間違えて載せてしまっただけです。


ちなみに
コンテナ作成ツールのパラメーター設定の種別で
「ISO40ft」にしたコンテナをコキに載せれば当然コキの中央に積載する事になるのですが、
コキのコンテナ5番目が、12ft/10ftなら有効になります。

なので動画のように、
誤って操作すると「SUPER UR」に限らず、
12ft設定してあるコンテナなら載ってしまいます。

で、
その12ftを載せた場合、
動画のようにコンテナ同士がめり込んだ状況になりますが、
もしかして10ftなら大丈夫だからそうなってるのか?
そういう事例も実在の鉄道シーンでありえるのか?
でもそれなら、コンテナ1番目も有効になってないとおかしいよな?

などとちょっと思いながら。


また、
種別をISO20ftに設定したコンテナだと
コキ104や106に3つに載らなかった、たしか。

なので先日のJOTのバルクコンテナは「ISO20ft」ではなく、
ただの「20ft」に設定してUPしてあります。


まぁ、
このあたりの設定が不可思議になっているのは
ただのアイマジックさんの確認不足だろうとは思いますが、
逆に先日のダブルスタックトレインのコンテナ2段積みは、
そういう不可思議設定だから可能だったので、
あえて修正してもらっても面白くないかな、という事で。

ありあまる余談でした。






<< NYK LOGISTICSのハイキューブISO40ft。 | ホーム | MOLのISO40ftハイキューブコンテナ。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOGのトップまで戻ってしまう 



2017年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter