USO800鉄道BLOG 疑似で逆光補正を表現する。

 BLOGのTOPページ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疑似で逆光補正を表現する。

AKAGI君に依頼している「撮る夫君 疑似逆光補正機能」のテスト。

太陽の角度とフライスルーカメラの角度を演算させて、
逆光側に来れば来るほどフル画面スプライト画像の透過度を上げて表示させる
というものです。


やりようによっては、もっとビューワーの印象をがらっと変えてくれそうな素晴らしき機能。









逆光_1280



今はまだ「逆光を補正」というよりも「逆光を追加表現」みたいな感じになってますが、
私にとっては「補正」はそんなにこだわってなくて、
ビューワーの印象が変われば充分みたいな。笑

まぁ、AKAIGI君と相談しながら順次改良ってことで。






<< 進撃の貨物で疑似逆光補正テスト | ホーム | トレイン・トレインが完全に死んでる件(USO800版) >>

コメント

>> 今はまだ「逆光を補正」というよりも「逆光を追加表現」

「逆光補正」も、"正確な意味で"はうまくいきそうにないので、ここは向きを変わって違うことをするのもいいですね。

しっかしまー、このテスト用のレイアウト、自分で作ったものですけどマジで意味不明ですねw何がしたかったんだろう俺?w

>ここは向きを変わって違うことをするのもいいですね。

「なになにだから出来ない」、「けどなになになら出来る」と考えて
これからもいっしょに開発していきましょう。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOGのトップまで戻ってしまう 



2017年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。