USO800鉄道BLOG 本線で2編成以上走らせる対応と、電流の流れも制御。

 BLOGのTOPページ 

本線で2編成以上走らせる対応と、電流の流れも制御。

先日から課題だった「本線に2編成入った時の挙動。」

本線に2編成(以上)入った場合は、2編成ともパワーユニットからの電圧が1/2になったと想定して走らす、みたいなの。

および、
ポイントコントロールボックスで、ポイントを切り替えた時は、
レールに流れる電流がON←→OFFとなったと想定し、
電流がOFFと想定されるレール上の編成は電圧を0.0にし、停車させる。

要は、本物のNゲージと挙動を同じにする制御。



自動センサーおよびセンサーを使わずにやりたかったのですが、
どう考えてもその手法にたどり着けず、やむなく設置。

↓水色がセンサー類。
01_201404292202213a6.jpg


これを電流エリアで区分けし、
自動センサーを踏んだら、自身の編成が今どこのエリアに進入したかを編成ステータスに保持するようにし
絶えず、電流ONエリア上にいるか?OFFエリア上にいるかチェックできるようにしました。
02_2014042922091111c.png

ちなみに電流エリア99は絶えず電流が流れるエリアなのでちょと別口な数字になってます。


そしてひとつめのポイント切替で、
エリア1とエリア2のどちらに電流ですか?
というレイアウト変数に書き込み
2つ目のポイント切替は同様に
エリア3とエリア4のどちらに電流ですか?
とやってます。


あとは編成のスピード変更メソッドで
たえずその自身がいるエリアと電流エリアがオンの地域にいるかをチェックしてスピード調整。


もうひとつ。
編成の電圧が0よりも上であれば、走行編成数に+1。
2編成とも走れば、走行編成数が2になる仕掛けを作り、
たえず、編成の電圧にその数字を係数として割り算して、いわゆる1/2電圧に。


てか、
おそらくすでにチンプンカンプンな話をしているでしょうから、
動画をご覧ください。笑



どういう動画にするといいのかわからなくて、
ただテストしているだけの絵ですが、
いちおう、上記のものがすべてクリアーされている状態です。


ここに単純に3編成目を追加してどうなるかは今後の課題。



これ系のスクリプト開発は、
一時中断するつもりでしたが気になって気になって。笑

<< hirochiさんの三陸鉄道36-700気動車。 | ホーム | ポイントを増やしてみた。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOGのトップまで戻ってしまう 



2017年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter