USO800鉄道BLOG hirochiさんの三陸鉄道36-700気動車をカスタマイズ。

 BLOGのTOPページ 

hirochiさんの三陸鉄道36-700気動車をカスタマイズ。

してみました。

と言っても今の所、
運転士を進行方向反転対応とドア開閉と音の3点。




ドア開閉時に反対側のドアが微妙に動いていますがご愛嬌。笑 修正予定です。



運転士はモ510同様にヘッドーマーク対応しようと思いましたが、
運転士モデルのテクスチャーが方向幕テクスでなく、
車体側のテクスチャーだったため、ヘッドマークでは対応できず。
なので今の所、
パンタ1(進行方向の運転士)、パンタ2(逆方向の運転士)にしてあります。


ドア開閉については、モ510の時に3つのオプションモデルで対応しましたが、
それこそパンタ1で右ドア開閉、パンタ2で左ドア開閉とやれば2つで済んだと思ってますので
そうしようと思ったのですが・・・

実は今回のモデル。
「リペイント対応」できるよう、方向幕テクスで車体&ドアが作られているため、
逆にドアをパンタ対応できないことに。
といったワケで、モ510同様、モデルオプション対応することに。



あと、音。

樽見鉄道のハイモの音を今朝録音してきたのでそれを入れました。
樽見に36-700同様の「新潟トランシス」の車両もあるようですが、
今朝録音したヤツは違うやつだったかもしれません。
まぁ、似たような音なんじゃないでしょうか。



<< hirochiさんの三陸鉄道36-700気動車 夜間のチェック。 | ホーム | hirochiさんの三陸鉄道36-700気動車。 >>

コメント

動画にしていただき有難うございます。

Trainzとは違う独特の雰囲気に、何回も動画を観てしまいました。

動画を観ていると製作意欲がアップしてきました。

まだ第1段階ですが動画にしてみました。

>Trainzとは違う独特の雰囲気
Trainzは世界の人が好み色で出来上がってる世界観。
VRMは日本人向きの色の世界感が出るという違いでしょうか。
どっちも一長一短ですが、
私にはこっちの世界観の方が向いているかもしれません。笑

新作お待ちしてます!
ぜひVRM化にご協力願います!

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOGのトップまで戻ってしまう 



2017年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter