USO800鉄道BLOG シーサイドライナーのロゴフォント。

 BLOGのTOPページ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーサイドライナーのロゴフォント。

twitterでうつみさんから
「シーサイドライナー色」というキハ65がある(もしくはあった。)」という情報をいただいたので、
WEBで調べてみた。

なんという現代チック、洗練されたカラーリングだこと。
さすが九州。キハ65の古さを感じさせないデザインですねぇ。

さて、それももし再現するとなるが、
車体にいろんなロゴがあるのが気になった。

もしこれをhirochiさんのキハ65を流用して再現しようにも、
大幅なテクスチャーの貼り替えが作業が必要となる。

昨晩の結論では「う~ん、それはやっとんな。」という感じでしたが今朝、
「このロゴ部分を自作コンテナで作って、コンテナ積載すればできなくもない。」
という、また自分の首を絞めることになる結論に達し候。


というワケでまずはロゴをトレース中。

01_20140520132400ebb.jpg

上段の白抜きの字のフォントは、「New Caslon SB Bold」
中段のフォントは「Nimbus Sans D Bold」を若干細く。

もちろん手持ちに写真があるワケではないので、
webで見つけた写真を元に検証。
ぴったしではない感じもありますがほぼほぼこれに近いのではないかと。




ちなみに前面の貫通扉のとこに、
「KYUSYU RAILWAY COMPANY」のほかに「丸につばめが横に飛んでるみたいなロゴ」がある。
これがシーサイドライナー特有のロゴなのか、
はたまたなにかのロゴなのか、私はよく知りません。

WEBで私が検索できる限りでは、
そこだけピックアップされた写真または形がしっかり判別できる写真が見つかりません。

どなたか、お持ちであればぜひともください。


<< キハ65 シーサイドライナー色のテストの件。 | ホーム | hirochiさんのキハ65を、702さんの「春が来た」でテスト走行。 >>

コメント

私の戯言に付き合わさせてしまいましたね(^^;)
しかしツイッターで画像を見て感激してしまいました。

ちなみにこのシーサイドライナーは現在キハ200系とキハ66・67系で運用されておりキハ65系は過去に運用がありました。

登場時は濃紺の車体に様々なフォントがあしらわれた塗装でしたが現在は青に赤い扉の塗装になってます。JR九州ではこの手のリペイントや魔改造は日常茶飯事なので他の形式もかなり凄いことになってます(笑)
ロゴマークについては私もあまり分からないですね。写真が撮れればすぐに撮りたいところですが長崎の列車なもので・・・

このリペイントできる車両というのは公式でもリリースしてほしいところですが権利関係で微妙なのでしょうかね。485系やキハ40系などご当地色が色々とありますしね。

>戯言
いやいや。自分の力量試しにはちょうど良い題材でしたよ。笑

>長崎の列車
へぇー長崎の列車なんですな。
九州はほぼ行ったことがないに等しい土地というのもあってまったく無知ですわ。笑

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOGのトップまで戻ってしまう 



2017年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。