USO800鉄道BLOG 流れる川

 BLOGのTOPページ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流れる川

って作れないものだろうか?





とりあえず、なんとなくだが、流れた。

ビデオ上で合成してるとか、そういうのではありません。
VRM単体で表現してます。

種明かしはそのうち。


あとは水の鏡面反射までできるといいのですが、
ちょっと今の段階ではいいアイデアが思いつかないなぁ。笑




<< お座敷レイアウトでED45とホキ1000をテスト走行。 | ホーム | 自作車両ED45の音。 >>

コメント

ずばり、自作車両でしょうか。
走行音はせせらぎの音……、なんて。

構造物を作る発想はありましたが、河川は考えていなかったです。
カーブでも流れてくれそうですし、水面モデルに凹凸があれば、地形texの見え隠れで、より流れ具合が分かりやすそうです。
夢が広がりますね。

はい、ずばり。
ただ、普通のボディーに水面を描いても面白くないので
窓オブジェで透過させてます。
もう少し川底の地形テクスチャを加工して透過感が出るようにしてみようかと。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOGのトップまで戻ってしまう 



2018年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。