USO800鉄道BLOG 自作車両で遮断機と踏切施設

 BLOGのTOPページ 

自作車両で遮断機と踏切施設

当初は遮断機のみ自作車両で作って、採用するかどうか判断するつもりでしたが、
警報機もいっしょに作ってみました。

01_20141030130931ae7.jpg

遮断機の棒周辺のみ「車輪」として登録。
警報灯はモデルオプション1との2の「ヘッドライト」登録
その他の警報機やら踏切柵などは「ボディー」に登録してます。


↓結果はこんな感じ。


※警報音は音源部品。

警戒灯の交互の点滅はスクリプトによる、モデルオプション1と2の付け替えをしてます。
応用して、モデルオプション3,4で矢印の方向表示もできそうです。

前にも書きましたが、
遮断機の回転は車輪の機能を利用してるので、もちろん遮断機(車輪)が回れば、
ボディーもともなって進んでしまうのですが、車輪を超極小の半径の数値にしているので
ボディーの移動は、ほぼ0状態です。

<< 自作車両で遮断機と踏切施設2 | ホーム | 踏切の資料写真撮り。part2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOGのトップまで戻ってしまう 



2018年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter