USO800鉄道BLOG 自作車両で遮断機と踏切施設2

 BLOGのTOPページ 

自作車両で遮断機と踏切施設2

まだ踏切モデルが完成したワケではありませんが、
ひとまずそのままで、レイアウトにやんわりと配置してみました。

01_20141031110254d0a.jpg
02_201410311102562cc.jpg
03_20141031110257cc4.jpg
04_20141031110258d26.jpg
05_20141031110300959.jpg


うん、悪くないな。



<< 自作車両で遮断機と踏切施設3 | ホーム | 自作車両で遮断機と踏切施設 >>

コメント

雰囲気がいいねえ~Goodです。シンプルだけど よく観察していますね かまぼこ踏切道の感じが にじみ出ていいいですね ナニが 一番かというと この踏切周りの 地形テクスチャの配置が 凄いですね 草の生えた部分と 土が 見える部分 そして 高架橋脚の下の空間の部分 最高ですね 羨ましいね~ こんな地形テクスチャが使えたらね でも たぶん ブレンドした配置は、自分には、出来ないかもね そこが このVRMのセンスの違いですね これ一番難しいです。

まさに こんな感じですね 住宅の周りの畑なんか 最高ですね あとは、この踏切道を通る車両とかの関係のシチュエーションを どう見るかですね

自分なら一般車両は、通行禁止なんだけど 小型車両(昔の耕運機など)は、OKの道路なんだが 生活道路や抜け道として 軽自動車や1000ccクラスまでの車がよく通る踏切道なんて どうでしょうかね だから 一応 通行禁止の標識を立てたら どうでしょうかね でも無視して通る

でも こういう 普通なら 第3種の警報機だけで いいにも関わらず 第1種のしゃ断機がある踏切道って 田舎には、多いんだね そこがね 色々あるんですよ 色々とね

なんでも 調べると面白いですよ

それと 言うの忘れてました。この踏切しゃ断機と警報機なんですが 土台付きですよね これがいいんですよ そう この土台があると どこにでも配置出来る

こういう発想が 中々出て来ないから どうしても道路に合わせて配置を試みるのだが 思うように行かない 最初から土台があれば しゃ断棹の長さも自由に調整じゃないのだが しゃ断機を 動かせば なんとかなるんだね

このしゃ断機と警報機の配置の為に ヤード高架橋などを VRM3じゃ土台に使っていますが 最初から このように土台があると いいですね こういう発想が 実際 踏切などを 作った者じゃないと気が 付かない メーカーさんより 我々ユーザーの方が どちらかというと 本当の意味での VRMの部品の使い方を 知っていると自分では、思っていますがね

部品を作って それで満足だけで 終わってしまっては、メーカーさんは、本来駄目なんだね 実際に 自分で配置してみる しかも 色んな感じの踏切道をイメージしないとね

踏切道は、千差万別でね プラレールの踏切じゃないのだから もっと色々種類が増えると面白いんだがね と 生意気を 書きましたが 歳だけ先輩なので ご勘弁を

>おいちゃん
今の感じでおいちゃんを納得させられたのなら個人的に満足です。笑

今のVRM5/OLは、自動センサーの設定で
簡易的ではありますが、
昔より簡単に踏切制御ができるようになったもので、
この自作車両を使った踏切では制御の設定がけっこう手間に感じそうです。
今後とも採用するのかは躊躇中ですねぇ。

ただし、踏切は鉄道シーンの重要アイテムなので
バリエーションもいろいろ作ってみると、違った意味で面白いかもしれませんね。


>歳だけ先輩なので ご勘弁を
どうぞ、どうぞ。お気になさらず。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOGのトップまで戻ってしまう 



2017年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter