USO800鉄道BLOG gmax ダイヤログの英語表記も正しく見れた件。 パート2.

 BLOGのTOPページ 

gmax ダイヤログの英語表記も正しく見れた件。 パート2.

以前、システムロケールってやつを変更すれば、
gmaxのダイヤログの文字化けが直る、と書きましたが、
gmax以外のソフトが立ち上がらない事もあり、
応急処置的な解決しかできませんでした。

それで、あきらめるつもりだったんですけど、私の血がどうしても騒ぎ、再チャレンジ。
XPまでしか対応していないマイクロソフトの「applocale」なるソフトをいれて試行錯誤してみたんですが、これもダメ。

それで本日。
そういえば、Windowsのシステムフォントを替えたりできたら、もしかしたらいける?と閃きましたもので、
試行錯誤してみました。

結局のところ、
システムフォントの字体をいろいろ変えるつもりだったんですけど、それはできないようで、
サイズの変更はできるんだけども、それはあまり意味がないのかなぁ・・・・と思いつつやったら、
結果オーライ。


というワケでその手法。

-----------------------------------------------------

まず、バグってる状態。
バケてる時

英語のアルファベット自体は正しく見えますが、
項目の英文の後半が消えてしまっている(おそらく変に改行されて見えなくなっている)状態で、
中途半端な英文になってます。


それを直します。

コントロールパネル/フォント/フォントサイズの変更

フォント


カスタム テキスト サイズの設定(DPI)
フォント02


定規みたいなところをドラッグで拡縮して、118%以上にする。
118%

※118%以上という数値は私のPCの場合である。117%ではなにも変わらなかったのは確認済。


「適用」を押して、一旦、ログオフ。
一旦ログオフ


gmaxを立ち上げてダイヤログを確認してみると。

結果

ダイヤログのボックスサイズも横長に拡大され、
おおお!正しい英文になってる。





ただし少々、デメリットもありまして、
ビューポートラベルが上のラインにかぶってしまって、若干消えてます。
viewport01.jpg

viewport02.jpg


まぁ、許容範囲でしょう。


もちろんデスクトップのアイコンの文字とかも少々大きくなって印象が変わってきますが、
gmax使わない時は戻せばOK。

システムロケールの変更ではPCの再起動が必要ですが、
こちらはログオフまで。
そういう意味でもありがたい。


<< gmax → VRM  | ホーム | gmax ワールド軸が出ていない。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOGのトップまで戻ってしまう 



2018年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter