USO800鉄道BLOG VRMをVRで見る系の巻。

 BLOGのTOPページ 

VRMをVRで見る系の巻。

VRMビューワーをキャプチャして、Image Composite Editorを使って360度パノラマ画像を作って、
それを「Virtual Desktop」の環境画像として登録して、VRで覗いてみる。

00_20170402163733bb2.jpg


という、皆さんにとってクソ意味不明な事だとは思いますが、
VR関連に少々興味があるのでそんなことをやってみた記録とメモ。

------------------------------------------------------

Image Composite Editor
02_2017040215314985b.jpg

大量のBMPスクショでは変換時間がめっぽうかかったので、
今回は動画にて、vrmビューワー内を360度近く適当に撮って、それをインポート。
640×480pxの動画でも変換は速いし、充分な解像度が確保できた。


Photoshopで、18:9画像(16:9ではなく、2:1。 RICOH THETA m15だとそうなっているのでひとまずそれに合わせて)にカンバスを調整。
01_20170402153146884.jpg


Virtual Desktopを通して見てみる。



感想
VRMパノラマ画像が静止画なので、
車両の動きがない、空間を移動できるワケではない、なので少々アレなんだけど、
VRMビューワーの中に入り込んだ感は充分あった。


↓RICOH THETAの画像としてtheta360.comに登録したら問題なくできてしまった。(今回の件とはあまり関係ない話)
test - Spherical Image - RICOH THETA





<< VRMをVRで見る系の巻。その2。 | ホーム | 桜の花ビラはただの板ポリゴンだから影が出れば暗くなる。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOGのトップまで戻ってしまう 



2017年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter