USO800鉄道BLOG 信号の向きがおかしかった件が解決。

 BLOGのTOPページ 

信号の向きがおかしかった件が解決。

しばしばつぶやいておりましたが
嘘八百町マップにおける信号の向きがどうもおかしい。


↓信号位置が正しいようで、やたら外れの位置で確認しづらい位置に信号がついている。
00_1.png

↓T字の交差点では、完全に逆を向いていて信号が確認できない。
00_2.png

信号は交差点のプロパティで「Use semaphore」にチェックを入れると自動で設置されるため、
手動で向きを変えるってワケにもいかない。

初めてマップエディタをさわった時から、
国をカスタム化した「日本」にしたり、オリジナルの「UK」にしても直る気配もなかった。


で、調べたところ、
どうやら交差点ではなく、接続された道路自身のノードプロパティで仕掛けをしなくてはいけない模様。

↓交差点に接続(ノード)された道路のどれかひとつを選択して、ノードプロパティを見る。
04_20170615232659806.png


★「Country border」 にチェックを入れる。
★「Forward item」および「Backward」の「country」のところで国名を選択する。
例では「イギリス」にしている。
02_20170615232655967.png


その時、すぐ信号機が変更された感じのように見受けられたが、
変わらないようなら、「Recompute map」をやってみると確実のよう。
05_20170615234443490.png


↓おかげさまで「UK」の信号になり、向きも位置的なものもOK!
01_1_201706152326528ab.png

01_2_2017061523265415d.png


「Country border」というと国境という意味。
なぜ国境と信号が結びつくのか最初はピーンと来ませんでしたけど、
複数の国がまたがっているユーロ圏では、
「この道路の1個向こうの交差点は、他所の国の交差点」なんて日常茶飯事の事で、
そういうモノの考え方が根付いているんでしょうな。

1国だけの島国「日本」に住む私にはまったく気づきにくいところですが、
よくよく考えてみたら、なんとなく理解もできる。


ちなみにドイツとかポーランドとかやってみましたけど、
左側車線走行仕様の嘘八百町では使えないようです。
Left-hand trafficとかやってみても、なにかおかしな向きに感じました。
結局「UK」が無難ってことでひとまず。


<< おや?いつの間にかAI車も右ハンドルになってる件。 | ホーム | 仮設の「ETS2犬山橋」をテスト走行してみる。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOGのトップまで戻ってしまう 



2017年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter