FC2ブログ

USO800鉄橋音

2008年07月28日
日記 5
7月末締め切り仕事に追われているハズなのに、
まだのんびりBLOG記事を書いている、USO800鉄道です。

2~3日後、恐ろしいほどのプレッシャーが
私を襲う可能性があります。笑


ZioさんのBLOGのこのコメントの漆黒さんを交えた音源についてのお話です。

機動戦士系、ヤッター系、嘘SS系の画像を含め、
音源あたりもあまりゴニョゴニョ・・・・・・、な部分もありますが(^_^;)、
鉄橋音や効果音については充分ご説明できる身ですので
まずは鉄橋音についてのご説明をいたします。

以前、宝条みちるさんからも
音入り動画の製作方法のお問い合わせもいただいていますので
多少なりとも参考になるのではないかと思います。

ただ、VRMではなく、他のソフトに依存している部分が多いので
ソフト特有の操作方法は割愛させていただきます。

なんとなく流れを掴んでいただければと思います。


USO800動画の『鉄橋音』の作り方


1.ビデオカメラで鉄橋を通過する列車を撮影

01_20080728093645.jpg
使ったカメラは SonyのDSR-PD170

02_20080728094058.jpg

http://www.souensya.net/yamagishi-doh/uso800/oto/oto.wmv


↑そのビデオ映像
・長良川橋りょうにて
・近くを通る車の音を拾わないよう、車の少ない早朝に撮影


2.ビデオから音だけ抽出

03_20080728094702.jpg
ソフトはCanopusの「EDIUS PRO3」

ビデオデータをタイムラインに並べて
メニューからWAVデータに書き出すだけでこのソフトは終了。

書き出されたWAVデータ→http://www.souensya.net/yamagishi-doh/uso800/oto/tekkyo.wav


3.WAVデータを編集

313系6両分しか音がないので、長い貨物列車には使えませんので増長させます。

04_20080728100019.jpg
↑WAVデータを開いた状態
ソフトはインターネット社の「Sound it! ver3.0」


05_20080728100233.jpg
上記の黒く反転した部分のみを使用して繰り返させます。

操作的には、
要らない分はドラッグして削除、使う部分はコピペするような感じで簡単です。

そして完成した画面イメージがコレ↓
06_20080728100545.jpg

完成したWAVデータ→http://www.souensya.net/yamagishi-doh/uso800/oto/tekkyo2.wav

これを新たなWAVデータとして保存します(上書きでもOK)


また、このソフトではいろいろなエフェクトがかけられます。
①若干響きをかけたもの→http://www.souensya.net/yamagishi-doh/uso800/oto/tekkyo4.wav
②1オクターブ下げたもの→http://www.souensya.net/yamagishi-doh/uso800/oto/tekkyo3.wav
シーンに合わせてエフェクトをかけたりする事もあります。



4.動画にアフレコ録音

私恒例のF4キー長時間押し動画作成ではビューワーの音までは取り込めませんので
ビデオ編集ソフトで、アニメのアフレコ録音のように後付けします。

07_20080728103208.jpg
ソフトはCanopusの「超編ULTRA EDIT(ver1)」
さっきのEDIUS PRO3でもOKなのですが、使いやすさでこちらを使ってます。

上記写真のように、プレビュー画面を見ながら
鉄橋にさしかかるタイミングのところにWAVデータを並べます。

・WAVデータの長さはここで適度にカットできます。
・鉄橋を渡り終えたところからフェードアウトをかけ、自然に遠ざかったようにします。
08_20080728104735.jpg




それでは、漆黒さんの夢空間の鉄橋部分の動画を見てみましょう

①元の音なしの動画→http://www.souensya.net/yamagishi-doh/uso800/oto/otoire1.wmv
②鉄橋音を入れた動画→http://www.souensya.net/yamagishi-doh/uso800/oto/otoire2.wmv



説明は以上でございます。

VRMではなく、他のソフトで製作する部分が大半を占めるため、
大部分を割愛させていただきましたが、少しでもご参考になれば幸いです。


鉄橋を渡る鉄道の速度で音も変わたっり、
撮影地点が遠い、近いでも変わってくるとは思いますが、
いまのところいつもいっしょの音源を入れてます。

多分、音鉄さんにしてみると、
「この視点でこの列車でこの鉄橋音はおかしい」
という所もあるのではないかと思いますが
なにとぞご容赦ください。(^_^;)

uso800railway
Admin: uso800railway

USO800鉄道 総裁
(本社:岐阜市)

Comments 5

There are no comments yet.

Zio  

なるほど、そう言えば業務用カメラをお持ちなんですよね。
マイクの音もクリアですね。

さて「超編ULTRA EDIT」というソフトがCanopusのソフトと知って驚いたり納得したり。「超」なんて言葉がついていたので、ソースネクストあたりの安いソフトだろうと思っていました(失礼)。

私もサラリーマン時代に勤め先で、CanopusのDVRaptorというノンリニア編集ボードを使って、3DCGムービーを編集した経験がありまして、その時使っていたDVRaptor付属の「RaptorEdit」というソフトが結構サクサク動いて気に入っていました。「超編ULTRA EDIT」の画面を見ると「RaptorEdit」の画面によく似ているので、恐らく「RaptorEdit」の後継ソフトなんでしょうね。

「Premiere」も使ったことがありますが、アレはプレビューやレンダリングが遅くてあまり好きになれませんでしたねぇ。

2008/07/28 (Mon) 20:30

漆黒  

WAVデーターを編集するのですね!(勉強になる)既存の鉄音を生のまま、VRM音源にすると「莫大なサイズ」となりアタフタしていたところです。(汗)フリーソフトであるのかなぁ?

2008/07/28 (Mon) 21:36

Zio  

WAVE編集のフリーソフトなら「SoundEngine Free」が定番ソフトですね。
http://www.cycleof5th.com/products/soundengine/
私もコレを使って編集してますよ。

2008/07/28 (Mon) 21:42

USO800鉄道  

>Zioさん

>DVRaptor
おおお!ご存知でしたか。我が社はいまだ健在です。笑
今は新しいボードを使用しているので
Raptorは編集用としては使用していませんが3年前まではメインでした。
現在は、アナログビデオ(VHSなど)を、PCに取り込むだけに使用しています。
超編UEはその「RaptorEdit」系の後継のようです。
使い勝手はほとんど同じで非常に使いやすく、
生産中止となった今もビデオ編集はほとんどこれを使用しています。

>「Premiere」も使ったことがありますが、アレはプレビューやレンダリングが遅くてあまり好きになれませんでしたねぇ
ビックリするほどまったく同じ意見です。
ビデオはCanopus系から始めたので、premireのレンダリングの意味が分からなくて、なんで時間をかけてこんな事をしなきゃいけないんだろうとイラだった覚えがあります。笑


>漆黒さん
私の鉄橋音はこんな感じで別ソフトで作って合体させてました。
レイアウトに音源を埋め込んで使用した事がないので、
私も今度やってみようと思います。

2008/07/29 (Tue) 00:08

漆黒  

>WAVE編集のフリーソフトなら「SoundEngine Free」が定番ソフトですね

zioさん有難う御座いました。習得するまで時間がかかりそう(汗)

2008/07/29 (Tue) 18:06