USO800鉄道BLOG

さらに未来ページ  «  BLOGのTOPページ  » さらに過去ページ

ワールドマップ、クイックジョブに出てくるUIマップの不都合。

ETS2の街づくりに少々飽きがきたので気分を変えて、
ワールドマップ、クイックジョブに出てくるマップ(UIマップと言うらしい。しかし違ってたらアレなんでひとまずここではUIマップと表現する)のあたりを修正。

以前、twitterで、日本地図を出すように仕向けていたが、





このように、イマイチうまく設定がいかなかったので、
改めて考えをリセットし再チャレンジ。


まず、ワールドマップ。

そもそも嘘八百町は今の所約2~3km四方のマップ。
ワールドマップに日本地図をドーンと出しても広すぎて地図としての意味が無いので、
3km四方が一番大きい状態の地図として出すように変更。

その縮尺の変更は
def/def/map_data.sii をいじる。

zoom_uplift[4]: 160.0 // city detail zoom for world map
zoom_uplift[5]: 180.0 // closest zoom for world map
zoom_uplift[6]: 600.0 // middle zoom for world map
zoom_uplift[7]: 1200.0 // whole world map zoom

↑これらしい。

数字部分の上から160、180、600、1200の部分。今の所、この数字の単位が分からないが、
仮に1/160の地図
04_201706252129563b1.jpg

1/180の地図03_2017062521295579d.jpg

1/600の地図
02_20170625212953d82.jpg

1/1200の地図
01_20170625212951e17.jpg

とすると、4段階のワールドマップの倍率的な感じは合っているので、たぶんこの数字でいい。
(バックグラウンドの透過状のピンクの四角はちょうど1km四方で表示されるよう設定してある。)

ただし4段階目の地図にはROADが出ていない。これはなんだ?(←今の所分からない。)

ちなみに2~3km四方がちょうどマップ部分に納まる数字の1200は、段階を踏んで試した結果。
単位が分かると簡単に値が出せるのかもしれないが、コイツも今の所意味不明な数字。



で、次にクイックジョブの方のUIマップ。

どうやら、4段階のワールドマップの最大(?最小?)倍率マップがそのまま活かされるらしい。
上の例で言うと4番目の倍率。
若干大きさに違いがあるような気もするが、4番目の倍率をいろいろ変えてみるとそれに沿って変化するので、
おそらくリンクしている。
なので、UIマップを単に変えれない仕様らしいのでそれはそれでいい。

しかしだ。
通常、クイックジョブでなにかひとつのジョブを選択すると
赤いラインで発着のルートが表示されるが、
私のだとこんな感じ↓
05_20170625214241b88.jpg

めちゃくちゃ太い線でルートが表示される。
例ではまだ端から端へのルートの絵なのでいいが、
もっと近いルートの場合だとなんのこっちゃかわからない絵面になる。
そしてROADも表示されていないので輪をかけて意味不明なUIマップになる。


2日ほどかけていろいろ探ったけど今の所・・・・わかんねぇ。



【ETS2】嘘八百町 進捗03

ここ1週間でまたちょこちょこ進めましたので。

赤丸の右下エリアと左下エリア。
01_20170620172215e62.jpg

右下エリアの2カンパニー

いろいろ取り扱うDREKKAR TRANS (スカンジDLC)
02_20170620172217287.jpg

肉処理会社らしいNORDIC CROWN (たぶんスカンジDLC)
03_20170620172218215.jpg


左下エリアに6カンパニー

VOLVOのなんか
04_20170620172219ddd.jpg

工事現場のMVM (フランスDLC)
06_201706201728323d8.jpg

車関係?Voitureux (フランスDLC)
08_201706201728351d0.jpg

化学モノのNBFC
10_2017062017283812c.jpg

林業モノのBJORK (スカンジDLC)
11_20170620172839b52.jpg

ゴム系?タイヤ系?のGOMME DU MONDE(フランスDLC)
13_2017062017284273a.jpg


フェリーは、本当にフェリー運航させるにはどうしたらいいのかは今の所分からず
07_2017062017283385b.jpg


私が田舎育ちからか?対向1車線道路がメインになりつつ。
09_20170620172836359.jpg

12_20170620172841145.jpg

14_20170620175628256.jpg


道端は、ひとまず針葉樹林系(mix forest)を植えとけばそれなりに見栄えのある景観になるんですけど、
だんだんとその絵面に飽きてきたので、すこしずつ開拓中。
15_20170620175630533.jpg


道路標識とか立てると、もっと絵が良くなるんでしょうけど、
UKの道路標識のルールとか、どのアイテムを使っていいのかとか。
そういうのがよく分からず。

日本の標識っぽいのもあればそれでもいいんですけど、
そういうのも無くて。もちろん日本語も使えなくて。

より日本ぽくするなら自販機とか。

いずれ作るしかないかと。


--------------------------------------------


ということで、上記エリアを含めてぐるっと動画。



おや?いつの間にかAI車も右ハンドルになってる件。

昨日の記事の「Country border」。
これがAI車の左ハンドルを右ハンドルしてくれるヒントか?

なんて思ってたら、すでに右ハンドルになってる。

02_20170616134211340.png
01_201706161342097fd.png


という事は「Country border」は関係ないな。

この間にした手がかりがありそうな実施事と言えば、
この「Country border」で国を指定する際、
最初は、Tokyoとかkanagawaとか出て、
湾岸MODさんの影響が出てる感じがあったので、
すでにMOD自体は非有効にしてありましたが、さらにmodフォルダから丸ごと削除したら、
イギリストとかドイツとか選べるようになった。

これかな。こいつかな。

MODフォルダから削除したことにより、
もともと指定されている「嘘八百町=UK設定」がようやく有効になり、
AI車がすべて右ハンドルになった、

ような、・・・・そんな・・・・気もする。


この件、確定ではないが、
今後はそこをポイントとして念頭に置いて、次回なにか機会があればもう1度探ってみる事に。




信号の向きがおかしかった件が解決。

しばしばつぶやいておりましたが
嘘八百町マップにおける信号の向きがどうもおかしい。


↓信号位置が正しいようで、やたら外れの位置で確認しづらい位置に信号がついている。
00_1.png

↓T字の交差点では、完全に逆を向いていて信号が確認できない。
00_2.png

信号は交差点のプロパティで「Use semaphore」にチェックを入れると自動で設置されるため、
手動で向きを変えるってワケにもいかない。

初めてマップエディタをさわった時から、
国をカスタム化した「日本」にしたり、オリジナルの「UK」にしても直る気配もなかった。


で、調べたところ、
どうやら交差点ではなく、接続された道路自身のノードプロパティで仕掛けをしなくてはいけない模様。

↓交差点に接続(ノード)された道路のどれかひとつを選択して、ノードプロパティを見る。
04_20170615232659806.png


★「Country border」 にチェックを入れる。
★「Forward item」および「Backward」の「country」のところで国名を選択する。
例では「イギリス」にしている。
02_20170615232655967.png


その時、すぐ信号機が変更された感じのように見受けられたが、
変わらないようなら、「Recompute map」をやってみると確実のよう。
05_20170615234443490.png


↓おかげさまで「UK」の信号になり、向きも位置的なものもOK!
01_1_201706152326528ab.png

01_2_2017061523265415d.png


「Country border」というと国境という意味。
なぜ国境と信号が結びつくのか最初はピーンと来ませんでしたけど、
複数の国がまたがっているユーロ圏では、
「この道路の1個向こうの交差点は、他所の国の交差点」なんて日常茶飯事の事で、
そういうモノの考え方が根付いているんでしょうな。

1国だけの島国「日本」に住む私にはまったく気づきにくいところですが、
よくよく考えてみたら、なんとなく理解もできる。


ちなみにドイツとかポーランドとかやってみましたけど、
左側車線走行仕様の嘘八百町では使えないようです。
Left-hand trafficとかやってみても、なにかおかしな向きに感じました。
結局「UK」が無難ってことでひとまず。


仮設の「ETS2犬山橋」をテスト走行してみる。

仮設で道をつなげて、仮設の「ETS2犬山橋」を走行してみました。




結果的には、前半の追跡中は線路が短すぎ&列車長すぎて途中で列車が消えてしまったり、
後半は先の方でAI車と衝突してしまって半永久的に回復不能の列車になり、
あまりいいテストとはなりませんでした。

列車は、30km/h。
本当はそれ以下でノッソリノッソリ走らせたいのですが、今の所方法が見つからず。


にしても狭いな。

特に実寸サイズで再現したワケでもないですし、
狭軌と標準軌差で列車自体の大きさも、名鉄車両とは違うとは思うので
ETS2上で動く無理のないサイズに拡張してはあるんですけど、
私の幼き日の記憶でとYOUTUBE動画を見ると、
感覚値ではこんな感じだったのではないかと。

普通車両のサイズで走れれば、
もう少し記憶が鮮明になるような気も。



あとリプレイ機能があれば、第三者カメラ視点で見てみたいものです。

ETS2には走行中のシーンを第三者で見れるカメラはあるのですが、
そのカメラにすると生の運転がおぼつかなくなるので事故りそうになることきわめて多く。

なので5分程度でいいのでリプレイ再現機能があったらなと、常々思ってます。

| ホーム |


さらに未来ページ«  BLOGのトップまで戻ってしまう  »さらに過去ページ



2017年度

カウントダウンタイマー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自作車両はコチラから↓↓

Google+写真

過去のTOP画像ギャラリー

YOUTUBE動画

YouTubeうそはっぴゃくチャンネル

カテゴリー

最近のコメント

リンク

RSSリンクの表示

twitter